前回の記事では、
「Amazonの売上は在庫の1%が基本?」と言うことをお伝えいたしました。

 

と言うことは、倉庫を借りて在庫を増やし続ければ、
売上は相応に増え続けるのか?

 

果たして、そんなにうまく行くもんでしょうか?

 

と言うところで終了しました。

 

本日は、先週終わったところから、
再開いたします。

 

スポンサードリンク


要するに…倉庫を借りるべきかどうか?
果たして、そんなにうまく行くもんでしょうか?

 

と言うことなのですが、

 

果たしてそんなには…

 

うまく行きません!?

 

Amazonに出品している在庫数の1%が、
1日に売れる冊数なんて…

 

もう、過去の基準でしかももう迷信になりつつあります!?

 

 

ぼくの知り合いに、
古本を売って月商50万円の方が2名いるのですが、

 

2名とも在庫を20,000冊抱えています。

 

2人とも粗利率は70%くらいあると思いますので、

 

取り扱っている本のAmazonランキングは、
そんなには高くないと思います。

 

いや、むしろ、
低いかも知れません。

 

なので、ここ最近では、ぼくの中での古本を売って月商50万円を稼ぐには、
在庫数が20,000冊必要が目安になりました。

 

 

等と言うことを踏まえつつ、

 

ぼくの知り合いに、
倉庫を借りて月商300~400万円くらいの方がいます。

 

月商だけ聞くと、ググッと倉庫を借りる方に気持ちが傾くのですが、

 

月に300万円を売るとなると、古本なら在庫数で、
10万冊くらい必要になるかと思います。

 

そうなると、倉庫でも100~200坪くらいの広さが必要になります。

 

そうなると、1日の出品数も発送数も相当の数になりますので、

 

とても1人では回せません!?

 

 

ぼくの中では、古本販売は、
1人なら月商50万円くらいが普通に通常業務の、

 

・仕入れ
・クリーニング
・出品
・発送

 

をこなせる限度ですので、

 

月商300万円なら、まあ仕入れはともかくとしても、
スタッフが5~6人は必要になります。

 

単純に、時給800円で1日8時間働いてもらえば、
日に6,400円のお給料になりますので、

 

月に20日の勤務で、
128,000円のお給料になります。

 

自分も頑張るとして、
スタッフをなるべく少なく見積もって3人だとしても、

 

お給料は月に384,000万円です。

 

更に、100~200坪の倉庫の家賃が、
これまた低く見積もって50万円くらいだとしても、

 

人件費と家賃で月に約90万円の経費がかかります。
もちろん、光熱費等は含まれていません。

 

 

単純計算なのですが、
月商300万円で人件費と家賃で90万円かかるとしたなら…

 

果たしてせどりが、
そんなに効率よく儲かるビジネスでしょうか?

 

と言うことになりますが…

 

どうなんでしょうか?

 

と言うところで、
すみません、また途中で次回に続きます…
 

 

⇒ 【せどり講座】05.せどりのマナー
⇒ せどり講座「目次」