ここのところ、「せどりの在庫管理について」についつい熱が入ってしまい、
その3まで続くとは思いませんでした。

 

前回、前々回と、倉庫を借りてのせどり運営について
お伝えしてきましたが、

 

ここにきて、
全く違うことを言うのも何なのですが…

 

何も無理して、
倉庫を借りることもありません!?

 

スポンサードリンク


ネットで稼ぐ時代ですので、
むしろどんどんアナログな部分をなくして行って、

 

規模を小さくして、
大きく稼ぐ方向もありかと思います。

 

実際に倉庫を借りれば、
家賃を払う必要がでてきますし、

 

本を保管するのには、
本棚が必要になります。

 

以下のような、
http://amzn.to/2C4pcQU

 

1800の高さのスチールの本棚には、
約200冊の本が陳列できます。

 

10,000冊の本を収納するとなると、
約50台の本棚が必要です。

 

前出のAmazonのカタログへのリンクで、
販売価格がが確認できますが、

 

1台約送料込で9,000円くらいかかります。

 

50台買うとなると、
450,000円の出費です!?

 

本棚を増やしたなら増やしただけ
売上が上がればいいのですが、

 

実際のところは、
そう言う訳ではありません。

 

仕入れ先が同じだと、
いずれ売れ行きも頭打ちになってきます。

 

 

実はぼくは、以前は自己発送をしていて、
在庫を抱える路線だったのですが、

 

2012年より全てFBAにしました。

 

以降、在庫をどんどん減らして、
現在ではぼくのアカウントの在庫は、

 

1,300点くらいです。

 

月商で、50~70万円くらいあります。
※ヤフオクの売上は入っていません。

 

他に、出品を外注していますので、
在宅のスタッフさんが常時2~3人いて、

 

Amazonで古本、他を、
自己発送で売ってくれています。

 

スタッフさんの人数にもよりますが、
月に30~50万円くらいは売ってくれています。

 

良い商品の仕入れがあった時は、
外注さんだけで月商150万円の時もありました!

 

ぼくの実感値では、

 

倉庫はなくても、自己発送もしなくても、
在庫が1,000点ちょっとでも、

 

月商100万円くらいは軽く行きます!

 

ぼくの取り扱い品は、
8割がた中古ですので、

 

利益率が高く、

 

100万円の売上なら、
65万円くらいの利益があります。

 

と言うことは、

 

規模を縮小しつつ、
利益率はそのままで、

売上を上げる方法を考えることも、
得策と言えそうです。

 

目指すは、
規模は小さく、働く時間は短く、売上は多く、

 

がネット時代のゴールのような気もしてます。

 

 

⇒ 【せどり講座】11.梱包・発送について
⇒ せどり講座「目次」