実際に買取せどりを始めるにあたっては、
以下のものが必要になります。

 

「古物商の許可」は買取をする際には絶対必要ですが、
他のものはなくても大丈夫なのですが…

 

買取せどりを成功させるためには、
とても大事な武器ですので、
いずれは導入の予定で検討していて下さい。

 

スポンサードリンク

買取せどりに必要なもの

 

1.古物商の許可(※必須)
買取せどりは、お客様から商品を仕入れますので、
古物商の許可が必要になります。
お住いの地域の警察署で、
取得することができます。

 

司法書士等で、
有料で申請代行を行っているとこもありますが…

 

そんなに難しくはありませんので、
まずはご自身で申請してみて下さい。

 

2.独自ドメインとレンタルサーバー
古物商の許可の他には、
買取サイト用の独自ドメインとレンタルサーバーが必要です。
無料のドメインとホームページスペースでも作れますが、
いずれは、有料のものでの運営を推奨しています。

 

独自ドメインは年間で1,000円くらい、レンタルサーバーは、
契約プランにもよりますが、
月に500円くらいからご利用できます。

 

3.買取サイト
買取サイトとは、お客様様に買取をアピールする窓口です。
お客様はこのサイトでネット買取のことと査定方法を知って、
メールでの査定を申し込んでくれます。

 

買取せどりでは、重要な砦になります。

 

4.インターネット広告
買取サイトの集客は、
主にSEOとインターネット広告の利用になります。

 

インターネット広告は主に、
クリック課金のPPC広告を使います。

 

SEOは無料でもできるのですが、
PPC広告は、ある程度の効果を望むなら、
月に10,000円~くらいの費用は必要になります。

 

5.メルマガ配信スタンド
あと、1度お売り頂いたお客様に連絡する手段として、
いずれはメルマガ配信スタンドの利用もおすすめしています。

 

実は…ぼくの買取せどりノウハウには…
メルマガは結構重要なメディアなんです。

 

早い段階でメルマガのことをお伝えすると、
苦手意識のある人は、
気が重くなってしまうかも知れませんので、
今号ではあまりお伝えいたしませんが、
頭の隅にでも入れておいて下さい。

 

ちなみに、
メルマガはなくても大丈夫です。

 

■ 買取せどりにあったらいいもの

 

・サイト作成ツール
買取せどりで避けては通れないものが、
「買取サイト」です。

 

ぼくの買取せどりノウハウでは、
買取サイトを量産します。

 

もちろん、HTMLサイトを作ってフォルダをコピーすれば、
いくつもサイトができますが…

 

そのまま使えば、
検索エンジンではミラーサイトとみなされて、
SEO的にはペナルティになり不利になります。

 

ですので、複製したサイトは、
ツールのような簡単に編集できるものを使って、
少しずつ変化をもたらせる必要があります。

 

厳密に言うと、
トップページを変えて、
その他数ページを追加したり変更したりするのですが…。

 

ですので
サクサク作業を進めるには、

 

いずれは、サイト作成ツールのような編集ソフトが、
欲しくなってきます。

 

詳細は、「買取サイト作成」の記事でお伝えしますが、
今の段階でも、
導入を検討しておいて下さい。

 

ちなみに、ぼくが使っているのが、
こちら です。

 

 

http://tinyurl.com/o3quyll

 

 

ぼくはこのツールは、
2011年の発売と共に使い続けてきて、

 

買取サイトの「量産」と言う可能性を、
一気に広げてくれた、
ぼくの恩人と言うか…

 

ぼくのパートナーですのです。

皆様にも、ぜひ使ってもらいたい一品です。

 

 

特別に、このツールの特典として、
ぼくが作った買取サイトのデータお付けいたします。

 

しかも、2パターンです。

 

ひとつは、こんな感じのサイトです。

 

 

20161202-001

 

ぜひ、ご利用下さい。

 

 

今までの講座の、
バックナンバーはこちら。
⇒ 買取せどり講座記事一覧