本講座では、せどりの基礎について解説させて頂きます。

 

せどりとは、ブックオフなどの古本屋さんで本やCD・DVD等を仕入れて、
Amazonやヤフオク、メルカリで、
仕入価格より高く販売して利益を得る方法です。

 

事典では…

 

スポンサードリンク

【せどり】
「背取り」本の背表紙から古本業者が仕入れをすることから派生。

 

と解説されています。

 

最近では、小資本で始められるお手軽副業と人気なのですが、
元々は、古本屋の業者間での仕入れ方法として、
昔からあるテクニックです。

 

ぼくは、全国古書籍商組合と言う、
古本屋の組合に加盟していて、

 

年に3~4回くらい、
県内の古書店数店舗と合同で、
デパートのイベント広場等で、
古本販売の催事を行います。

 

このような催事では、
相場より安く値段を付けた本を出品しようものなら…

たちまち同業者にせどられます。

 

古書店の店主たちは、
この道10数年の大ベテランたちですので、

目利きの達人ばかりです。

 

※目利きとは?
経験により古書や古美術、骨董品などを鑑定できる能力です。

 

ぼくは、
古本業のキャリアが浅いので、
目利きはほとんど出来ません。

 

ですので、
本の相場や価値を調べる方法は、

もっぱら「せどり携帯サーチ」です。

 

ブックオフで仕入れを行う場合、
アマゾンの販売価格を事前に調べた上で、

利益の出る商品だけを、
仕入れていきます。

 

同時に、
本のAmazonランキングも調べて、
売れ行きのいい本を探します。

 

この作業は、
主にスマホで行います。

 

以前は、携帯電話でピコピコとIBSNコードを手入力して、
商品の価格をリサーチしていたのですが、

 

それから、小型バーコードリーダーを使っての、
ビームせどりが始まって、

 

最近では、
スマホのカメラ機能を使っての、
画像検索に進化をしました。

 

この機能を使うと、
実店でのリサーチはもちろんなのですが、

パソコンの画面をスキャンすれば、
電脳せどりもできます。

 

高速リサーチも可能ですので、

次回は、スマホを使った、
せどりのリサーチ方法について解説させて頂きます。

 

⇒ 【せどり講座】02.せどりのリサーチ方法
⇒ せどり講座「目次」