ぼくは基本的に、
AmazonはFBAなのですが、
ヤフオクは自己発送です。

 

あまり多くは出品していないのですが、
Amazonに出品できない商品は、
ヤフオクで売っています。

 

それで、本や雑誌、写真集の発送は、
クリックポストを利用しています。

 

クリックポストは、大量に発送があると、
少々面倒かも知れませんが、

 

少量だと、案外重宝しますね。

 

何よりも、ポスト投函ができるところがいいですよね。

 

いつなん時でも発送ができると言う、
安心感があります。

 

 

それで、ヤフオクの落札者様からたまに、
クリックポストで郵便局留めの発送はできますか?
と言うお問い合わせを頂きます。

 

メルマガの読者様からも
同じようなご質問を頂いたことがありましたが、

 

クリックポストの局留めは…

 

スポンサードリンク

できます!

 

 

HPにも掲載されているのですが、
通常の郵便物同様にできます。

 

通常の郵便物の局留めの場合の宛先は、
次のように書きますが、

 

img_step2_1

 

img_step2_2

http://www.post.japanpost.jp/service/sisho/index.html
 

クリックポストの場合も同じで、
以下の順番で記入します。

 

1.受け取りたい郵便局の郵便番号
2.●●局(受け取りたい郵便局名)留めの表記
3.受取人の住所と氏名

 

 

ただ、ぼくだけではないと思うのですが、

 

相手の住所を記載すると、
間違って配達されるのでは?

 

と心配される方も多いかと思います。

 

実際に、局留めの郵便物が受取人宅に届いた!?
なんてこともあったようです。

 

 

局留め発送の商品は、
家族に知られたくないものもあるでしょうから、

 

間違って自宅に届いちゃったら、
大変なことになると言うかクレームになりますよね。

 

 

まあ、受取人の住所を記載せずに、
「●●郵便局留め」でも届くのですが、

 

万が一のことを考えて、
宛先の書き方を事前にお客様に伝えて
了承を得ておくといいでしょう。

 

 

ちなみに、局留めの郵便物は、
指定した郵便局の窓口で受け取ることができます。

 

その際には、受取人の名前と
郵便物等の種類をお申し付け下さい。

 

受け取りには、
本人が確認できる書類(免許証等)が必要です。

 

保管期間は、郵便物の到着から
10日間となっています。