Amazonの出品には慣れてきましたか?

 

商品1点1点を手入力で出品していると、
気の遠くなるような作業に思えてきますよね。

 

まあ、のんびりやるか!

 

と思いたくもなりますが…

 

出品を侮ることなかれ、
放っておくと大変なことになります!?

 

スポンサードリンク

せどりでは、出品速度は売上に比例します。

 

出品が遅い人は売上も悪く、
出品の速い人は売上もいい、

 

と言われているくらいです。

 

理由は…
またの機会にお話いたします!?

 

それで、今回は、賢明な読者様ならもうお分りかと思いますが…
売上を上げるには…

 

出品速度を上げればいいんです!

 

出品速度を上げるには、
もちろん気合と根性も大事なのですが、

 

1番大事なのは効率化です。

 

気合と根性は、その次です。

 

 

と言うことで、出品の効率化を段階的に上げていきましょう。

 

【効率化】その1.バーコードリーダーを使う

ぼくもそうだったのですが、
ブックオフで仕入れができると、ほっとして、
出品を後回しにしてしまいます。

 

まあ、面倒なことは後回しにしたいものです。

 

でも、これが習慣になってしまうと、

 

仕入れても売れない!?
売れないと仕入れ資金もない!?

 

と言う悪循環になって、
いずれ窮地に陥ってしまいます。

 

個人のせどりなんて、零細中の零細企業ですので、
毎日の10点20点の出品で、
売上も大きく違ってきます。

 

ここが分からないと、
せどりで稼ぐには結構苦労します。

 

そこで、効率化アイテムの出番です。

 

要するに…出品は面倒だから嫌なので、
簡単で楽しければ、

 

どんどん捗ります!

 

と言うことで、まずはこれを使ってみて下さい。

 

 ↓

 

http://amzn.to/2i8lmL1

 

 

ハンディタイプのバーコードリーダーです。

 

PCのUSBに接続すれば、
設定いらずでバーコードをどんどんスキャンできて、

 

出品作業は飛躍的にアップするでしょう。

最近
 

では、3,000円台のものもたくさんありますので、
早めの入手をおすすめします。

 

 

【効率化】その2.出品ツールを使う

効率化の極めつけは、せどりツールです。

 

せどりツールと言うと、
電脳せどりツールを思い浮かべる方も多いと思いますが…

 

それは、余力と言うか、
資金に余裕があれば使うといいでしょう。

 

ついつい仕入れに目がいきがちですが、
まず、せどりを始めて間もない方に使ってもらいたいのは、

 

出品ツールと価格改定ツールです。

 

価格改定ツールは、今度の機会に熱く語るとして、

 

出品ツールについては、出品自体はバーコードリーダーを使えば、
後は気合と根性で、毎日100点くらいは何とかなるのですが…

 

コンディション説明文をコピペしたり、
クリックを何回かする作業があります。

 

この僅かな時間の作業が、
チリも積もれば何とかで…

 

勿体ない時間なんです。

 

ヤフオクをされている方は特に、お気づきかと思いますが、
出品が面倒ですので、

 

この出品までの時間がチリも積もると、
結構な時間になります。

 

これを放っておくと…

 

いつまで経っても、
出品を好きになれません。

 

そして、窮地に陥いることになります!?

 

と言うことで、
次なる効率化はツールの利用です。

 

昔は、せどりがブームだった時は、
せどらーも沢山いてツールもどんどん売れたので、
ツールの開発者や開発元も沢山あって、

 

こっちも選び放題だったのですが、
今となっては、
二者択一まで市場規模が縮小しました。

 

しかも、ツールには
「買い切り」と「月額課金制」の料金体系があるのですが、

 

現在は買い切りタイプはほぼなくて、
月額課金制の一択です。

 

そして性能は、もうほぼ同じですので、

 

選ぶポイントは、
料金とサポート、くらいになります。

 

と言うことで、

 

以下のどちらかお好きな方をどうぞ。

 

https://tinyurl.com/yahl7yye

https://tinyurl.com/y7zemxuc

 

 

ぼくは新しもの好きなので、
今は「マカド!」をおすすめします。

 

そうそう、重要なことをお伝えしそびれるとこでした。

 

ぼくが尊敬する、元ブックオフ社長の
橋本真由美さんに教わったことなのですが、

 

橋本さんが当時店長に就いた
赤字店舗のブックオフ八王子堀之内店の売上を飛躍的にアップさせて、

 

ブックオフ有数の繁盛店にした時の言葉、

 

「今日の仕入れは今日の売上にする!」

 

です。

 

 

⇒ 【せどり講座】08.せどりの在庫管理について
⇒ せどり講座「目次」