ぼくの買取せどりマニュアルを、
ちょうど同じ時期に実践し始めた2人の方がいて、

 

何度かメールでアドバイスさせて頂きました。

 

あれから2年くらい経っって、
近況等をうかがったのですが…

スポンサードリンク


1人の方は、
ホームページからの出張買取が好調のようで、

 

何でも屋の様相を呈してきているそうです。

 

もう1人の方は…

 

買取せどりマニュアルを実践し始めた頃は、
ブログからの査定依頼が何度かあったのですが、

 

買取までにはいらずに、
その後情熱も失せて…

 

今ではサイトもブログも放置状態で、
サーバー代とドメイン代だけを支払っているそうです。

 

この方、メールでやりとりした時に、
なんか嫌な予感がしたんですよね。

 

結構、色々と選り好みする方で、

 

あれは仕入れたいけど、
これは仕入れたくないみたいなことを言う方でした。

 

ぼくは、とにかく、
最初のうちは買取の間口を広げるようお願いしたのですが…

 

どうもうまく伝わらなかったようです。

 

 

もう1人の方は、
結構貪欲に何でも買取る方で、

 

とにかくお値段つけますので、
なべでもフライパンでも、
何でも送って下さい!?

 

とメールするそうです。

 

CDが買取したければ、
まずはレコードを買取っちまえと言うことですな。

 

 

ぼくなんか、あれですよ、
アンパンマンやジブリ、ディズニーのDVDが仕入れたいがために、
こどもちゃれんじの付録のしまじろうのDVD…

 

いや、もっと前の、
しまじろうのビデオなんてものも買取しています。

 

ずっと、しまじろうのビデオを買取る訳でもなくて、
とにかく認知されることが重要なんです。

 

ビデオなんて5本も10本も売ったら、
後はもう品切れになりますので、

 

次からは、
DVDの買取になりますよ!

 

お客様も、最初はネット買取は少々不安ですので、
不用品中の不用品と言うか、

 

騙されるのを覚悟で、
捨てるつもりのものを買取にだして様子を見たりします。

 

この、お客様の様子見の段階で、

 

あれは買取できません。
これは取り扱っていません。

 

等と言っちゃうと…

 

お客様はみんな、
駿河屋さんに行ってしまいます!?

 

と言うことで、買取は、
ファーストコンタクト、何でも買取ると言うスタンスが、
が大切だったりします。