古書組合に加入の際は、
メリットばかりではなくて、

 

それなりのデメリットが
色々とありますので、

 

お伝えしたいと思います。

 

以下、メリット・デメリットをまとめたものですので、
ぜひ、ご覧下さい。

 

スポンサードリンク

▼メリット
・古書組合で開催される古書市場(交換会)に参加できる
・全国の古書組合で開催される古書市場(交換会)に参加できる
・古書組合主催の即売展(デパート、駅ビルなどで開催)に参加できる
・全古書連ニュースにより、幅広い業界の情報が得られる
・「日本の古本屋」に出店できる

※「日本の古本屋」とは、東京古書組合が主宰するAmazonのような古本販売のEC
サイトです。

 

メリットは、なんてったって、
交換会に参加できることです。

 

加入した組合の交換会に限らず、
ある期間を過ぎると、

 

全国の市場に参加して、
古本・その他の売買が、

 

可能になります!

 

あとは、古本祭り等の催事、
日本の古本屋(ECサイト)等で、

 

古本を売ることが
できるようになります。

 

日本の古本屋とは…

 

こちら。

 

 ↓

 

https://www.kosho.or.jp/

 

 

知らなかった人も
多いかと思いますが、

 

全国950店以上のプロの古本屋が、数多く参加している、
古本販売サイトです。

 

貴重な本、高価な本も多く、
古本ファンに人気があります。

 

 

デメリットは、なんてったって、
もろもろの諸費用がかかることです!?

 

実はぼく…組合の加入に、
費用がかかるとは思っていなくて…

 

組合に加入申請して、
審査を通過したのちに、

 

支部長からご連絡頂いた時に、
初めて、

 

●●万円持ってきてね!

 

と言われて、
気づいた次第であります。

 

 

ちなみに、組合の加入方法に
つきましては、

 

次章以降で、
お伝えいたします。

 

組合加入の際の●●万円に関しましては、
全国の古書組合で違うのですが…

 

数十万円かかります!?

 

と言うことで、
以下、古書組合加入の際の、

 

デメリットになります。

 

▼デメリット
・組合加入費がかかる
・組合費がかかる
・交換会の席料がかかる
・雑用をする場合がある

※加入費・組合費等の費用は、各組合によって異なります。

 

要するに…

 

お金がいっぱいかかります!?

 

このことを、凶と考えるか、
吉と考えるかは、

 

人それぞれかと思いますが…

 

言えることは…

 

選ばれた人しか、
加入できないと言うことです。

 

ぼくが知る限りでは、
組合加入費が60万円!?と言う

 

県がありましたので、

 

そんなところには、
本当に、

 

選ばれた人しか、
加入できないと思います。

 

また、組合加入には、
審査がありますので、

 

やっぱり、

 

選ばれた人しか、
加入できません。

 

続く…