「古書組合」をご存知ですか?

 

ぼくの日刊メルマガをご購読の読者様は、
ぼくが加入しているので、

 

ご存知かと思いますが、

 

もしかしたら、初耳の方も
いるかも知れませんね。

 

古書組合とは…

 

スポンサードリンク


古本屋の組合です。
※そのまんま…。

 

正式な名称もあるのですが、
それは後ほど。

 

それで、古書組合に加入すると、
どうなるのかと

 

申しましと…

 

特には、どうも
ならないのですが、

 

交換会と言う市場に
参加できるようになって、

 

古本の売買を
行うことができます。

 

要するに…

 

古本を仕入れる事が
できるようになるんです!

 

どれくらい仕入れられるように
なるのかと申しましと、

 

47都道府県の組合の
市場にの規模にもよりますが、

 

それこそ東京や名古屋と言った
盛んなところでは、

 

それこそ、バンやトラックに
満載で何台分も、

 

それこそいっぱい!

 

仕入れることができます。

 

ぼくが知っている人では、
古本を3年間で、

 

3億円売った人がいます。

 

それくらい、仕入れることが
できるんです。

 

 

ですので、これからせどりを
始めようとする人、

 

せどりを始めていて、
商品の安定供給を

 

お望みの人は…

 

古書組合せどりと言う選択肢も
ありますので、

 

どうぞ覚えておいて下さい。

 

 

このブログでは、
これから数回に渡って、

 

古書組合について、
色々とお伝えさせて頂きます。

 

古書組合は、意外と
ネットにも情報が上がっていませんので、

 

貴重な連載になるかと思いますので、
こう、ご期待下さい。