せどりのリサーチ方法は、以前は携帯サーチと呼ばれていて、
ブックオフで仕入れを行う際に、
検索サイトに本のコードを入力して、

 

Amazonの販売価格を事前に調べて、
利益の出る商品を検索して仕入れていました。

 

ちなみに検索では、以下のコードを入力します。

 

スポンサードリンク


▼本の場合

・ISBMコード
裏表紙の、「ISBN4-584-189021」の数字。
バーコードの下の数字でも大丈夫です。
入力の際は、「ISBN」を省略して、4もしくは9から始まる数字。

 

▼CD・DVD・ゲームの場合

・JANコード
ケース裏面の、バーコードの下の「4582196896200」の数字。

 

単行本の場合、「C0095」等のコードも表示されています。
実はこのコード、日本図書分類コードでCコードと呼ばれていて、
本のジャンルが分かります。
ブックオフでの単行本は、このCコード順に陳列されています。
ちなみに、「C0095」は「日本文学、評論、随筆、その他」です。
http://www.asahi-net.or.jp/~ax2s-kmtn/ref/ccode.html

 

CD・DVDの場合、おもにCDなのですが、
帯にバーコードが印刷されていて、ケースにバーコードがない場合があります。
この場合は、背表紙の下の方の「IMOG-119」等の数字で検索できます。

 

ISBNコード、JANコードにつきましての詳細はこちら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ISBN

 

スマホが登場してからは、せどりアプリがいくつも登場して、
以前のように手入力の方法ではなくて、
カメラ機能を使ってバーコードを読み取って商品検索ができるようになりました。

 

せどりリサーチアプリは、次のようなものがあります。

 

せどりスカウター
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.saegusa77.SedoriScouter&feature=search_result#?t=W251bGwsMSwxLDEsImpwLmNvLnNhZWd1c2E3Ny5TZWRvcmlTY291dGVyIl0.

 

せどろいど
https://play.google.com/store/apps/details?id=org.orela.android.sedolist&hl=ja

 

Sedream(セドリーム)Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.sedream.app2&hl=ja

 

Amacode – せどり転売支援ツール
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.ar.amacode&hl=ja

 

 

上記は一応無料版なのですが、
ぼくのスマホがAndroidですので、
Androidコーナーになってしまいました。

 

その中でどれか1つを選ぶとするなら、
最近新しく登場した「Amacode」ですかね。

 

検索結果に、モノレートのようなグラフが表示されるので、
あっちのサイトに行ったり
こっちのサイトにきたりしなくてもすむのでリサーチが楽ですよ。

 

ちなもにぼくは、「せどりキング for Android」と言う有料のものを使っています。
現在は提供中止でサポートのみ行っています。

 

 

最近は、Amazonのショッピングアプリ、及びSellerアプリでは、
何と、画像検索ができるようになりました!

 

最近はぼくはもっぱら、
画像検索が便利ですのでこのAmazonアプリのみを使っています。

 

Amazon ショッピングアプリ
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.mShop.android.shopping&hl=ja

 

Amazon Seller
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.amazon.sellermobile.android&hl=ja

 

本の表紙や商品のパッケージをスマホのカメラに写すと…
それだけで商品の検索ができます。

 

この機能は、PCの画面に写っている小さな商品画像でも検索できますので、
電脳せどりにも使えます。

 

以下、あるサイトでの電脳せどりの方法です。

 

この動画は、左手にスマホを持って右手でデジカメを持ってぼくが撮影していますので、

 

少々見づらいかも知れませんが…
ご勘弁下さい。

 

 

 

以下のレポートには、スマホアプリの使い方が図解されています。
ぜひ、読んでおいて下さい。

 

http://mailzou.com/get.php?R=46643&M=5126

 

 

次章でもお伝えしますが、一般的に仕入れの目安としては、

 

・Amazon売価300円以上の本
・Amazonランキング50万番台までの本

 

と言われています。

 

上記はあくまでも基本的な目安です。
稼いで行くには、売価とランキングを上げるのはもちろんのこと、
それらの商品を効率よく探すテクニックが必要になってきます。

 

こちらも、以降のメールで順番にお伝えさせていただきます。

 

 

本の名称について

 

本の各部には、古くからの正式な呼び方があります。
おもに、出品の際に本のコンディションを書く時、
どの部分の状態かを伝える際に用います。

 

いくつか前出いたしましたので、お時間あったら見ておいて下さい。
http://www.rakuten.ne.jp/gold/takahara/meishou.html

 

 

⇒ 【せどり講座】03.ビームせどり
⇒ せどり講座「目次」