Amazonに本を出品していくと、
ちらほらと売れて行くことと思います。

 

最初のうちは、
1日の販売数も少ないのですが…

 

いずれ1日に数十冊も発送するつもりで、

 

量の少ないうちに、
発送のオペレーションを確立しておくのが得策です。

 

スポンサードリンク


本講座では、

 

1.クリーニング
2.梱包
3.発送
4.出荷通知

 

の順番でお伝えいたします。

 

まずは、
本のクリーニングからご覧下さい。

 

 

1.本のクリーニング

当講座では、余程のよごれがない限り、
本は発送時にクリーニングしてきれいにします。

 

なぜ発送時にするのかと言うと、

 

・基本的に、ブックオフの本はクリーニング済みできれい
・出品時だと売れない本までクリーニングすることになる
・出品時だとクリーニング作業が出品の妨げになる

 

からです。

 

決して、出品の時に、
お伝えし忘れた訳ではありません。

 

本のクリーニングは、
ブックオフの値札をはがすことと、
カバーを特殊洗浄液で拭いてテカテカひかるようにします。

 

値札はがしは、
値札はがしやジッポオイル使います。

 

ジッポオイルがある場合はそれを使ってもOK!ですが、ないようでしたら、
文房具の「値札はがし」をお使い下さい。

 

値札はがしはAmazonで、
大体300円、400円くらいで購入できます。
http://amzn.to/2lqorIH

 

 

値札をはがした後は、
特殊洗浄液でカバーを拭きます。

 

乾いたにウエス(雑巾)にスプレーで洗浄液を吹き付け、
後、カバーを軽く拭きます。

 

よごれがない場合は、
あまりごしごしとこする必要はありません。

 

軽く、コーティングする程度で、
ツヤがでたことが分かるかと思います。

 

<特殊洗浄液の作り方>
スプレーボトル(350ml)に下記のものを1センチ程度入れて、
水をボトルの口までいっぱいに注いで完成です。
http://tinyurl.com/3ks7xo3

 

 

2.梱包

本の梱包には、
次の点を気をつけると申し分ありません。

 

・緩衝材を使う
・雨対策をする

 

緩衝材には、プチプチ(エアーキャップ)を使います。

 

少々お高めなのですが、
以下のもの使うと…

 

病みつきになります。

 

 ↓

 

http://amzn.to/2Dz16uK

 

 

以下、プチプチを使った梱包の手順です。

 

<用意するもの>
・プチプチ
・クリスタルテープ(ガムテープの透明版)
・封筒(B5、A5)
・住所印

 

<本の梱包の手順>
(1)本をプチプチで包みクリスタルテープで止める
(2)封筒に本と納品書を入れてクリスタルテープで封をする
(3)納品書の宛名を切って封筒にクリスタルテープで貼る
(4)販売者の店名印を押す

 

本の梱包には…
ガムテープはあまり使いたくありません。

 

以下のような、
http://amzn.to/2lnxCt8

 

透明のクリスタル(クリア)テープの方が、
きれいに見えますのでおすすめです。

 

店名印はゴム印でもいいのですが…

 

いちいち朱肉をつけるのが面倒ですので…

 

少々お高いのですが、
シャチハタのXスタンパーのようなタイプが効率的です。

 

 

3.発送

梱包が完了したら、いよいよ発送です。

 

初期の頃は、Amazonの送料は一律340円でしたので、
1円本を売っても送料差益で、
ウハウハでした。

 

後に、257円になってしまったのですが、
1円本でもメール便80円で送れれば、
何とか送料差益で稼げました。

 

現在では、ヤマトメール便も廃止になってしまったので、
本、CD、DVDが送れるもっともポピュラーな発送方法は、

 

日本郵便のクリックポストです。

 

クリックポストは、
以下のサイズのものが164円で送れます。

 

・サイズ:長辺34.0cmまで、短辺25.0cmまで、厚さ3.0cmまで
・重量:1kg以下

 

※クリックポストの利用はヤフーIDが必要になります。

 

 

そして、この度、
Amazonの送料が自由化になり、

 

出品者側で自由に設定ができるようになりました。

 

 

某大型ネット古本チェーン店は、
Amazonの送料を300円と値上げしているところも多いので、

 

案外、以前よりも利益をだしやすくなったかも知れません。

 

でも、クリックポストは164円ですので、
利益はスズメの涙です。

実は、日本郵便に、
特約ゆうメールと言う制度があって、

 

年間の発送数の規定があるにしろ、
かなり安く利用することができます。

 

ぜひ、チェックしてみて下さい。

 

 

⇒ 【せどり講座】05.せどりのマナー
⇒ せどり講座「目次」