いよいよ、Xデーが迫ってきましたね。

 

Amazonからのメールを8月に受け取ってから、
気が気でなかった方も多いと聞きます。

 

管理人も…

 

スポンサードリンク


もう、生きた心地がしませんでした!?

 

 

この10月下旬に、何がどうなるのかと申しますと、
Amazonで、以下のルール変更が実施されます。

 

▼Amazon3つのルール変更
1.柔軟な配送料の設定機能
2.販売手数料の変更
3.カテゴリー成約料の変更

 

具体的には、
次のようになっています。

 

【1】柔軟な配送料の設定機能
自己発送の際の送料が自由に設定できます。

 

【2】販売手数料の変更
送料にも手数料15%がかかります。

 

【3】カテゴリー成約料の変更
本のカテゴリー成約料が60円→80円になります。

 

これはまるで…
古本せどらーにとっては、拷問ですね!?

 

1円本を売って稼いでいるせどらーや業者も大勢いるので、
せどりを廃業される方もいるのではないでしょうか?

 

ぼくも古本をかなり取り扱っているので…
死活問題です!?

 

1円本を送料257円(合計:258円)で売っても、
Amazonの手数料で約120円かかりますので…

 

単純に引き算しても残りは138円です。

 

138円の中には、
仕入れと実際の配送料がなくてはなりませんので、

 

特約ゆうメールの料金が80円ちょっとの人で…

 

残り58円の攻防です。

 

大手古本チェーン店のブックオフやネットオフは、
1円本の仕入れ価格は1円以下でしょうから、

 

Amazon規約変更後も、1円本を売って、
50円以上は利益をだせそうですね。

 

いや、多分もっとだしています。

 

 

ちなみにぼくも、1円本の仕入れ価格は10円以下なのですが…

 

悲しいかな、出品はほぼFBAですので…

 

年間500冊の特約ゆうメールの契約ができません!?

 

ですので、自己発送の1円本出品は、
できなくなりました。

 

 

今後は、年間500冊を自己発送して、
特約ゆうメール契約をして1円本1冊売って50円の利益をだすか、

 

はたまた、別の道を歩むかの選択です。

 

 

ぼくの中では、別の道の結構いい選択があるのですが、
それはまた、ネットオフや駿河屋さん等、大手セラーの動向を見てお知らせいたします。